災害対策を考えておこう!




災害対策を考えておこう!

■ここ最近の台風や、地震。 
 すごいですよね。

 企業としては、
 事業に影響して、サービス提供が続けられなくなる事態を
 考えておく必要がありますし、

 従業員の緊急時対応を
 考えておく必要もあるでしょう。


■弊社では、
 経営計画内に2ページを割いて、
 災害時の対応方法のルールをまとめてあります。

 以下参考までに弊社のルールを共有させていただきます!!


 参考になさってくださいませ!


|1.安全確保|

屋外の場合:ガラスや看板等の落下物の危険があるため、建物から離れて下さい。
      また、鞄等で頭を保護しましょう。

屋内の場合:ガラスが割れる可能性があるので、窓際から離れ、ドアを開けて、
      出入口を確保してください。外へ逃げる場合、エレベーターは使わず
      階段を使いましょう。


|2.情報共有|

ゝ抛でも関係なく、災害時において、社長が安否確認を必要とする状況か
 どうか判断し指示を出します。

安否確認の指示が出た場合、SNS、メール、電話で自分の状況を
 上長に報告して下さい。また、上長はチームメンバーの安否を確認したら、
 社長に報告をしてください。
 各リーダーに連絡がつかないときは、次の役職者が報告をします。

もし、ネットも電話もつながらないときは、公衆電話から「171」にかけ、
 会社の代表番号を押して、そこに安否、現在位置、今後の行動について、メッセージを残します。



|3.避難判断|

勤務時間外:ラジオ、テレビ、インターネット等で情報収集し、行政から
      避難指示が出た場合は、その指示に従い避難する。

出勤中:上長の指示がある場合はそれに従ってください。指示がない場合、
    即避難が必要な場合、安全確保を最優先に、現場で判断をして下さい。



|4.避難場所|

勤務時間外:自宅周辺の避難場所を確認しておいてください。

オフィスにいる場合:渋谷 3 丁目は、延焼の危険が少ないことから、残留地域に
          指定されていますので、オフィスに留まってください。
          ただし、ビルが使えない状態になってしまった場合には、
          青山学院大学に集合することとします。

通勤途中、移動中:現在地周辺の避難場所を探し、そこに移動します。
         移動する場合は、歩行中にガラスが降ってくるなど、
         2次災害の可能性もあるので、十分注意して下さい。




<東京都心で、事務所、事務所可マンション、レンタルオフィス等をお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

soho賃貸ならSOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、築浅賃貸事務所を一括検索

賃貸事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合うオフィスを提案してもらう

 






⇒その他【ベンチャー社長論(社長としての考え方)】記事一覧へ



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
低コスト起業法
低コスト起業法





【小規模賃貸事務所、sohoオフィス専門の不動産会社】株式会社アーデント

Facebookページも宣伝
掲載履歴
  • 8/29 「日経産業新聞」に掲載されました!
  • 3/29発売の雑誌「スカウト」に掲載されました!
  • 3/14発売のTYPEに掲載されました!!!
  • このブログが営業@typeで紹介されました!
プロフィール
渡邊写真

熱い男

名前
渡邊 賢
学歴
専修大学卒
仕事
東京都内100坪以下小規模賃貸オフィス専門の不動産会社「株式会社アーデント」代表取締役
住所
東京都渋谷区渋谷3-15-5-3階
電話
03-5468-6097
27才で独立開業!(不動産会社)
詳細プロフィールはこちら
コメント!トラックバック!大歓迎!
相互リンクも募集中です!コメント欄に書き込んでください!
「独立開業起業希望者を応援します!」
東京都内で、100坪以下の賃貸オフィスをお探しの方は↓ 東京の賃貸オフィス、賃貸事務所専門 アーデント
recruitbanner




賃貸オフィスの借り方
無料のメールセミナー
全13回にわたりメールにてオフィス探しのノウハウをご紹介。初めて事務所を借りる方向け。
独立開業日記内検索