顧客は誰か? ストーリーが生まれる。




顧客は誰か? ストーリーが生まれる。


 先日の記事で、
 喫茶店を例に顧客は誰か?の一例をあげさせて頂きました。

 実はそこででてきた3社とも、
 コーヒーを飲みたい!とか、
 
 のどが渇いた人に飲料を提供する!といった

 直接的なお客様をターゲットにはしておりませんでした。


 たとえば、ハウスメーカーであれば、
 「家を買いたい人」が顧客で本当にいいのでしょうか??

 これは、誰もが思いつく答えで、
 というか、考えなくても答えられるもの。

 ドラッカーの質問には答えていないのではないでしょうか。

 たとえばハウスメーカーであれば、
 「シックハウスに悩んでいる家族」というような顧客を設定することで、

 提供する商品、マーケティング、接客、すべてが
 変わってきますよね。

 顧客は誰かを答えることは、

 ビジネスモデルを考えることにもつながり、
 または全体の戦略を考えることでもあります。

 すべてに影響があるんですね。

 だからこそ、
 ドラッカーは最初に質問をしていることが多いわけです。

 ちなみに、商品・サービス、マーケティング、営業すべてを
 明確なターゲット層を軸に構築することで、

 そこにはストーリーが生まれます。

 こちらの本は経営者必読です!
 ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)
ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)
クチコミを見る

 
 この本によれば、
 スターバックスは「第3の場所」を提供するという経営目的を
 設定したことで、

 内装にお金をかけ、スタッフの教育体制の充実、またチェーン展開せずすべて自社で運営、
 コーヒーの質重視、

 というストーリーが生まれたと書かれています。

 魅力的な企業はどこかで他社にない差別化をはかっており、
 それが収益に直結しています。


 ストーリーがあれば、
 その企業に人はひきつけられ、売上も上がり、人も集まります。

 そのストーリーの第一歩として、顧客は誰か?に答えること。

 これが重要なんですね。


 
 

<東京都心で、事務所、事務所可マンション、レンタルオフィス等をお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

soho賃貸ならSOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、築浅賃貸事務所を一括検索

賃貸事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合うオフィスを提案してもらう

 




関連記事(タグ): ドラッカー

⇒その他【ベンチャー社長論(社長としての考え方)】記事一覧へ



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
低コスト起業法
低コスト起業法





【小規模賃貸事務所、sohoオフィス専門の不動産会社】株式会社アーデント

Facebookページも宣伝
掲載履歴
  • 8/29 「日経産業新聞」に掲載されました!
  • 3/29発売の雑誌「スカウト」に掲載されました!
  • 3/14発売のTYPEに掲載されました!!!
  • このブログが営業@typeで紹介されました!
プロフィール
渡邊写真

熱い男

名前
渡邊 賢
学歴
専修大学卒
仕事
東京都内40坪以下小規模賃貸オフィス専門の不動産会社「株式会社アーデント」代表取締役
住所
東京都渋谷区渋谷3-15-5-3階
電話
03-5468-6097
27才で独立開業!(不動産会社)
詳細プロフィールはこちら
コメント!トラックバック!大歓迎!
相互リンクも募集中です!コメント欄に書き込んでください!
「独立開業起業希望者を応援します!」
東京都内で、40坪以下の賃貸オフィスをお探しの方は↓ 小規模賃貸オフィス、賃貸事務所専門 アーデント
recruitbanner




賃貸オフィスの借り方
無料のメールセミナー
全13回にわたりメールにてオフィス探しのノウハウをご紹介。初めて事務所を借りる方向け。
独立開業日記内検索
最近頂いたコメント