いよいよ更新料訴訟の判決がでます!




いよいよ更新料訴訟の判決がでます!

 ニュースでご存知の方も多いかと思いますが、
 現在更新料についてありかなしか、

 最高裁判所で係争中です。


 3件が係争中ですが、、
 原告、被告両方の意見を聞く弁論がいっせいに行われました。



 原告側は、

 「更新時に借りての権利として保障されており、
 金銭負担を求めるのは許されない」
 
 
 「借り手と貸し手には情報力や交渉力に差があるので、
  更新料がいやなら契約するのは乱暴な議論だ」

 などと主張。



 被告側は、
 
 「更新料は、賃料の一部で月額賃料を低く抑える効果がある」

 「合意の上で契約しているのに、後から返還を求めるのは
  不当だ」
 と主張しました。



 現在高裁レベルでは、

 更新料は無効が2件、有効が1件という判決がでています。


 全然別件の3案件ですが、
 最高裁は

 3件同時に統一判断を示すとみられ、

 判決は7月15日に3件まとめて言い渡されます。




 いよいよ、Xデーが近づいてきました。

 もし、更新料が無効となれば、
 不動産業界には激震が走るニュースとなります。

 賃貸管理を主力としている不動産会社では、

 大きな減益要因になることは間違いありませんし、

 サブリース業者などは契約時の当初計画から
 大きく下方修正となります。


 マンスリーマンション事業なども
 苦戦するかもしれませんね。

 
 弊社は管理物件があまりないので、
 影響は大きくありませんが、
 
 影響まったくなしとはいきませんので、
 今からどきどきしています。

 判決まで、あと1ヵ月ですね!!
 


<東京都心で、事務所、事務所可マンション、レンタルオフィス等をお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

soho賃貸ならSOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、築浅賃貸事務所を一括検索

賃貸事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合うオフィスを提案してもらう

 




関連記事(タグ): 更新料訴訟

⇒その他【独立開業起業日記】記事一覧へ



コメント一覧

    • 1. さぶろー
    • 2011年07月07日 18:05
    • 通りすがりで失礼します。

      今のただただ機械的に発生する更新料には反対です。
      まず形式的な新しく「日付を書き直しただけ」の書類のために払う金額ではない。
      更新のたびに、契約内容の見直しを迫ってみても、基本一方的に断られるだけで、なにを「更新」したかが不透明。
      例えば家賃10万円の家なら、ひと月4千円上乗せすれば済む話で、2年毎に大金を用意する借り手の負担を無視している。
      そもそも一部地域のただの慣例。

      少なくとも、更新料を取るならば、ひと月前までに契約内容についての話し合いの場を作り、現在の地価や建物の築年数からの試算をもとに、借り手・貸し手の双方が納得いく金額で更新を行うことが前提なのではないでしょうか。そして勝手な解釈をする余地がないように、法的にガチガチに整備してほしいと思います。
    • 2. 日本を元気にする!情熱社長の独立開業日記
    • 2011年07月11日 02:02

    • おっしゃられるようなお話はオフィスの場合、けっこう契約終了前に条件のこととかきちんと話してからお互い納得の上で、更新するのですが、住居の場合、一方的なケースが多いように思います。その辺もふくめて、更新料の存在意義が問われているんだと思います。もうすぐ判決ですが、どうなることやら。。。
      > 通りすがりで失礼します。
      >
      > 今のただただ機械的に発生する更新料には反対です。
      > まず形式的な新しく「日付を書き直しただけ」の書類のために払う金額ではない。
      > 更新のたびに、契約内容の見直しを迫ってみても、基本一方的に断られるだけで、なにを「更新」したかが不透明。
      > 例えば家賃10万円の家なら、ひと月4千円上乗せすれば済む話で、2年毎に大金を用意する借り手の負担を無視している。
      > そもそも一部地域のただの慣例。
      >
      > 少なくとも、更新料を取るならば、ひと月前までに契約内容についての話し合いの場を作り、現在の地価や建物の築年数からの試算をもとに、借り手・貸し手の双方が納得いく金額で更新を行うことが前提なのではないでしょうか。そして勝手な解釈をする余地がないように、法的にガチガチに整備してほしいと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
低コスト起業法
低コスト起業法





【小規模賃貸事務所、sohoオフィス専門の不動産会社】株式会社アーデント

Facebookページも宣伝
掲載履歴
  • 8/29 「日経産業新聞」に掲載されました!
  • 3/29発売の雑誌「スカウト」に掲載されました!
  • 3/14発売のTYPEに掲載されました!!!
  • このブログが営業@typeで紹介されました!
プロフィール
渡邊写真

熱い男

名前
渡邊 賢
学歴
専修大学卒
仕事
東京都内40坪以下小規模賃貸オフィス専門の不動産会社「株式会社アーデント」代表取締役
住所
東京都渋谷区渋谷3-15-5-3階
電話
03-5468-6097
27才で独立開業!(不動産会社)
詳細プロフィールはこちら
コメント!トラックバック!大歓迎!
相互リンクも募集中です!コメント欄に書き込んでください!
「独立開業起業希望者を応援します!」
東京都内で、40坪以下の賃貸オフィスをお探しの方は↓ 小規模賃貸オフィス、賃貸事務所専門 アーデント
recruitbanner




賃貸オフィスの借り方
無料のメールセミナー
全13回にわたりメールにてオフィス探しのノウハウをご紹介。初めて事務所を借りる方向け。
独立開業日記内検索
最近頂いたコメント