日本を元気にするには?




日本を元気にするには?



 今日ライブドアニュースでこんな記事がでていました。

どうすれば起業が増えるのか - 池田信夫


 日本の開業率は、先進国では最低水準です。
 70年代前半まで10%を超えていたものが、

 今はもう見る影もありません。。。

 登記件数からのデータをみれば、
 4%程度でしょうか?

 
 ※4%とは・・・去年日本にある会社の数の4%分ほどの
         会社が新しく今年作られたという意味です。



中小企業白書2008年141ページ


 バブル期に開業率が上昇していることを見ると、

 独立開業したら、儲けられる!
 稼げる!

 という風潮が大事なのかもしれません。。。

 日本でも、
 70年代前半までは、非常に高い開業率を誇っておりましたので。。。


 アメリカであれば、
 アメリカンドリームなどと言って、

 起業家が大金持ちになることを夢見るところがありますよね。

 今の日本では、
 起業しても稼げない、儲からない。。。

 そういう風に思わせてしまっているところがある。。。


 そういう意味では、
 日本経済の成長が鈍化しているところと
 相関があるのかも。

 ⇒日本経済成長率データ

 ※驚くほど、開業率のグラフと似てますよね!!


 経済成長が続いていれば、
 おのずと事業のチャンスは増えるわけで、

 そのチャンスが減っているのではないかと思います。
 
 mixiの笠原社長のように、
 大金持ちになる人は出ています。

 ヒルズ族という言葉も生まれました。

 ただ、
 チャンスが減った。

 経済成長がほとんどないので。

 
 日本を元気にするには、
 経済成長が続くことが一番!!
  

 とそんなことを考えておりました。
 (^^♪


今日はここまで!

 

<東京都心で、事務所、事務所可マンション、レンタルオフィス等をお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

soho賃貸ならSOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、築浅賃貸事務所を一括検索

賃貸事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合うオフィスを提案してもらう

 




関連記事(タグ): 日本を元気にする

⇒その他【ベンチャー社長論(社長としての考え方)】記事一覧へ



 コメント一覧 (1)

    • 1. ななし
    • 2009年05月25日 18:06
    • 統計の罠にみごとにはまって・・・

      日本の起業率が低下し続けているのは、日本の企業の寿命が長く、会社全体数の数が増え続けているから。

      日本の会社数の推移
      http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h11/zenbun/images/c1600900.gif

      こんだけ会社の数(分母)が増えれば、起業率はかなり低下するはず。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
低コスト起業法
低コスト起業法





【小規模賃貸事務所、sohoオフィス専門の不動産会社】株式会社アーデント

Facebookページも宣伝
掲載履歴
  • 8/29 「日経産業新聞」に掲載されました!
  • 3/29発売の雑誌「スカウト」に掲載されました!
  • 3/14発売のTYPEに掲載されました!!!
  • このブログが営業@typeで紹介されました!
プロフィール
渡邊写真

熱い男

名前
渡邊 賢
学歴
専修大学卒
仕事
東京都内100坪以下小規模賃貸オフィス専門の不動産会社「株式会社アーデント」代表取締役
住所
東京都渋谷区渋谷3-15-5-3階
電話
03-5468-6097
27才で独立開業!(不動産会社)
詳細プロフィールはこちら
コメント!トラックバック!大歓迎!
相互リンクも募集中です!コメント欄に書き込んでください!
「独立開業起業希望者を応援します!」
東京都内で、100坪以下の賃貸オフィスをお探しの方は↓ 東京の賃貸オフィス、賃貸事務所専門 アーデント
recruitbanner




賃貸オフィスの借り方
無料のメールセミナー
全13回にわたりメールにてオフィス探しのノウハウをご紹介。初めて事務所を借りる方向け。
独立開業日記内検索