フラットな組織の欠点




フラットな組織の欠点

ブログランキング! ← クリックお願いします(^o^)/!

このブログの順位は?!クリックして確認!




 前回の続きを書いていこうと思います。

 前回の記事はこちら
 ↓
組織はなぜ必要なのか?


 フラットな組織の欠点。

 それは・・・

 コミュニケーションの本数が増えすぎてしまうことです。

 通常1人の人間が見れる部下の数は5〜7人程度。

 完全にフラットな組織で、
 自分の下に15人いたら・・・

 まともな管理はできないでしょう。。。


 今、どこの組織でも多くて10人程度で1つの三角形を作っていると思います。
 
 もちろん、例外もあります。

 管理がほとんどいらない、
 手がかからないのであれば、
 20でも、30でも見ることは可能です。

 店舗から上がってくる売上データを見ていればいいのであれば、
 
 1人の人間の下に20本くらいのコミュニケーションチャンネルが
 あっても問題ないでしょう。。。

 しかし、ベンチャー企業の多くは、
 数字だけ管理していればいいということではなく、

 様々なイレギュラー対応だったり、
 経験の浅い部下の指導で、
 上司が出動する必要があると思います。

 
 そう考えると、
 やはり1つの三角形には、
 5〜7人程度が限界です。

 それ以上は三角形を重ねていく必要があるんです!

 
 今、三角形が積み重なった組織形態になったのは、 
 当たり前ですけど、

 一番いいからなんです。

 弊害もあると思います。

 でも、最も効率的だからこそ、
 多くの企業が導入しています。

 
 次回は、
 「機能別組織」と「事業部制組織」について
 説明をしていこうと思います!!


 (^_^)v


今日はここまで!

 参考になったと思ったらクリックお願いします!


→ ブログランキングへのクリックお願いします!!
    


<東京都心で、事務所、事務所可マンション、レンタルオフィス等をお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

soho賃貸ならSOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、築浅賃貸事務所を一括検索

賃貸事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合うオフィスを提案してもらう

 






⇒その他【ベンチャー企業の戦略論】記事一覧へ



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
低コスト起業法
低コスト起業法





【小規模賃貸事務所、sohoオフィス専門の不動産会社】株式会社アーデント

Facebookページも宣伝
掲載履歴
  • 8/29 「日経産業新聞」に掲載されました!
  • 3/29発売の雑誌「スカウト」に掲載されました!
  • 3/14発売のTYPEに掲載されました!!!
  • このブログが営業@typeで紹介されました!
プロフィール
渡邊写真

熱い男

名前
渡邊 賢
学歴
専修大学卒
仕事
東京都内40坪以下小規模賃貸オフィス専門の不動産会社「株式会社アーデント」代表取締役
住所
東京都渋谷区渋谷3-15-5-3階
電話
03-5468-6097
27才で独立開業!(不動産会社)
詳細プロフィールはこちら
コメント!トラックバック!大歓迎!
相互リンクも募集中です!コメント欄に書き込んでください!
「独立開業起業希望者を応援します!」
東京都内で、40坪以下の賃貸オフィスをお探しの方は↓ 小規模賃貸オフィス専門 アーデント
recruitbanner




賃貸オフィスの借り方
無料のメールセミナー
全13回にわたりメールにてオフィス探しのノウハウをご紹介。初めて事務所を借りる方向け。
独立開業日記内検索
最近頂いたコメント