日経新聞の読み方




日経新聞の読み方2


 毎日新聞は読んでますか?!

 みなさんちゃんと読んでいると思いますが(笑)!
 
  もし、読んでない人は必ず読みましょう!

  日経新聞は必読です!!


 なんでも、会社の中で偉い人ほど日経新聞を読む人の割合は多いとか・・・。
   頑張ってる人は勉強してるんですね〜(感心)

  お客さんと話をする際に、必要になりますから、是非読みましょう!


  さて、じゃあ新聞を読むときにどういう風に読みますか?


 

<東京都心で、事務所、事務所可マンション、レンタルオフィス等をお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

soho賃貸ならSOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、築浅賃貸事務所を一括検索

賃貸事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合うオフィスを提案してもらう

 






⇒その他【営業力UPの基本】記事一覧へ




  ただ、流して読んでてもあんまり頭に残りません!

  私がやっていたのは、
ひとつの記事に対して、自分の意見を考えるということ。


  前回の講義でもお話しましたが、自分の言葉(意見)は重要です。
  前回<できる営業マンの情報収集方法は・・・>

  新聞の記事すべてに対して、考えていると時間がかかって大変です。

  ですから、最近のホットな記事をひとつ取り上げて、
   それに対して意見を考えてます!
 
   最近だと、「郵政民営化」とか、「選挙」

     ですね。


  自分の意見を考えるコツとして、複眼思考が便利です!(^^♪

 自分の意見は?とばくぜんと考えても、

  「〜だから、賛成です。」とか「〜だから反対です。」とか
   ありきたりの意見になりがちです。

  それではお客さんも一目置いてみくれません。
  独自の意見が相手の琴線に触れるのです。
  
  例えば、「郵政民営化」の事例で考えると、
  もし、自分が小泉総理だったら今回の件はどう思っているのか?
     自分が岡田民主党党首だったらどう思っているのか?
     自分が特定郵便局長の立場だったらどう思っているのか?
     自分が過疎地に住む住民だったらどう思っているのか?
     自分がアメリカの政府高官だったらどう思っているのか?


   人間の脳はただ漠然とその問題を考えていても答えはでてきません。

   しかし、いくつかの条件を指定してあげると、
     どんどん答えが浮かんでくるのです。


   
   以前ベストセラーになった知的複眼思考法はオススメです!
    アマゾンのカスタマーレビューをみても星5つばっかり!!
  私自身も気づきの連続でした!
 知的複眼思考法〜誰でも持っている創造力のスイッチ〜

 
    自分の意見を確立したいとお考えの方はよんでみてはいかがでしょう?



  参考になったと思ったらクリックしてください!よろしくです!
           ブログランキング

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
低コスト起業法
低コスト起業法





【小規模賃貸事務所、sohoオフィス専門の不動産会社】株式会社アーデント

Facebookページも宣伝
掲載履歴
  • 8/29 「日経産業新聞」に掲載されました!
  • 3/29発売の雑誌「スカウト」に掲載されました!
  • 3/14発売のTYPEに掲載されました!!!
  • このブログが営業@typeで紹介されました!
プロフィール
渡邊写真

熱い男

名前
渡邊 賢
学歴
専修大学卒
仕事
東京都内100坪以下小規模賃貸オフィス専門の不動産会社「株式会社アーデント」代表取締役
住所
東京都渋谷区渋谷3-15-5-3階
電話
03-5468-6097
27才で独立開業!(不動産会社)
詳細プロフィールはこちら
コメント!トラックバック!大歓迎!
相互リンクも募集中です!コメント欄に書き込んでください!
「独立開業起業希望者を応援します!」
東京都内で、100坪以下の賃貸オフィスをお探しの方は↓ 東京の賃貸オフィス、賃貸事務所専門 アーデント
recruitbanner




賃貸オフィスの借り方
無料のメールセミナー
全13回にわたりメールにてオフィス探しのノウハウをご紹介。初めて事務所を借りる方向け。
独立開業日記内検索