独立開業起業者を応援!各種ノウハウや社長としての体験談、日記等を公開中



2017年05月23日

ビジョンは原稿用紙2枚以上にしたら、自分が見事に燃え出しました!

■みなさんの会社にはビジョンがありますでしょうか?

 もし、あるとするなら、文字数はどれくらいでしょうか?

 
 
 実は、先日弊社で新10年ビジョンを作ったんです。
 
 その文字数は1043字になりました。
 
 
 この10年ビジョンを作ったときの感動は以前のメルマガでも、
 ご紹介しておりますのでよかったらこちらも御覧くださいませ

「メルマガバックナンバー 434号」
 fire-14799_960_720[1]


この思いは今も全く、変わることなく、自分の中で燃え続けています。
 






■話は少し変わって、  
 先日こちらの本を読みました。
 



中学校の陸上で、13回日本一を達成し続けたノウハウがまとめてあります。


社員教育、もしくは経営者のビジョンづくりに大いに参考になる内容ですが、

 重要なポイントは、
 
 「陸上で日本一になる!」
 というビジョンを達成すると、どうなるのか?を
 様々な角度から考えて、イメージを膨らませていたことです。


 
 友人や家族からの評価は?
 
 先生にはどういった貢献になるのか?
 
 後輩からはどう思われるか?
 
 陸上部はどうかわるのか?
 
 自分の人生はどうかわるのか?
 
 進学先はどうなるか?
 
 ありとあらゆる角度から、
 ビジョン達成をクリアにイメージできるように
 日誌という形で書かせていました。
 
 

■ほとんど多くの会社が、

 ビジョンというと、
 
 かなり短文で、下手したら、「お客様に喜んでもらう!」という数文字ということもありますよね。
 
 
 作ったら人ならまだしも、
 従業員が本当に、心の底から本気で目指せるビジョンにするのは、
 かなり大変ですよね。  

 同意はしてくれると思いますが、
 心の底から実現したいと思っているかというと。。。

 思いの強さとして、

 「まあ、たしかにそれは間違ってはいないよね」
 
 と思っているのと、
 
 心の底から「実現したい!」と思っているのでは、
 
 成果は全然違ってくると思いませんか?
 
 


■そして、重要なポイントは、

中学生が陸上部で、それを実現し、日本一をとっていたということです。
 
 おそらく、「有名な小学生をスカウトして」
 ということはしていなかったはず。
 
 
 才能ではなく、
 
 目標を大量な文字を書かせて、
 明確にし、自分が燃える目標にして、
 
 自立的に練習、試合に参加させる体制を作ったことこそで、
 達成できていたわけです。

 

 
 だまされたと思ってビジョンを、
 最低でも400文字、できれば1000文字くらい書いてみてください。

 
 自分が、心の底から「それやりたい!」と思えるものが
 できているはずですよ!!








<東京都心で、事務所、事務所可マンション、レンタルオフィス等をお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

soho賃貸ならSOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、築浅賃貸事務所を一括検索

貸事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 



   

2017年05月15日

ベンチャーを起業するなら必読のレポートを発見!


■先日経営計画作りのノウハウをインターネットで調べていたら、
 すごいレポートを発見してしまいました!!

 総務省がITを活用したベンチャーを興すノウハウを
 まとめたレポートのようで、

 最初は、どうかなーと思いながら読んでいたのですが、
 びっくりするくらい内容が濃い!!


 ベンチャーを起業するなら、ほんとに必読です。
 
 ちなみに、ベンチャーとは数年以内に上場を目指す会社を指します。


 
■私も読んでみたのですが、
 すごく参考になりました。

 ぜひ、これから開業する人も、

 上場を目指す人も、今の会社経営で悩んでいる人も、
 すごく参考になる内容満載です!!



「事業計画作成とベンチャー経営の手引き」


是非一度読んでみてください!!






<東京都心で、事務所、事務所可マンション、レンタルオフィス等をお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

soho賃貸ならSOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、築浅賃貸事務所を一括検索

貸事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 



   

2017年05月01日

一人当たりの粗利で1500万円を目指そう!



■仕事柄いろんな業種の方から物件探しのご依頼を頂きます。
 
 審査の関係で、決算書も見させて頂くのですが、
 どの業種でも同じく、

 「一人当たりの粗利がいくらか?」

 でも儲かっているかどうかがわかるようになりました。


■結論から言うと、

 もし一人当たりの粗利が800万円の会社であれば、
 正直儲かっていないはずです。

 おそらく赤字、もしくは社長はあまり給料をまともに
 とれていないはず。


 だいたい1000万円を超えると、
 黒字は確保できているはずです。


 この基準は、見事にどの業種でも適用できます。


 おそらく、事務所の賃料や、人件費、
 その他の経費は多少の差があれども、

 だいたい似通ってくるからでしょう。



■みなさんの会社は、
 一人当たりの粗利でいくら稼げているでしょうか?

 単純に粗利5000万円を5人でやっていれば、
 一人当たりの粗利(生産性)は1000万円ということになります。


 もうかっている企業であれば、
 これが1500万円〜2000万円。

 上場企業だと、
 3000万円くらいいっている企業もあるはずです。


 今調べたらリクルートの27年3月期の
 一人当たり粗利はちょうど4000万円でした。


 弊社と同業の上場不動産会社サンフロンティア不動産も
 一人当たりの粗利は4028万円。

 すごいですよね!!


 逆に、
 赤字企業ということで、
 居酒屋のワタミを調べたところ、一人当たり粗利は1194万円でした。



■中小企業だと、上場企業ほど固定経費はかからないでしょうから、
 1200万円程度でも利益は十分でているはずです。

 一人当たりの粗利を増やすという視点で
 考えてみると、いろいろと策が見えてくるはずですので、
 
 ぜひ御社の一人当たり粗利を計算してみてください!!


  




<東京都心で、事務所、事務所可マンション、レンタルオフィス等をお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

soho賃貸ならSOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、築浅賃貸事務所を一括検索

貸事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 



   

低コスト起業法
低コスト起業法





【小規模賃貸事務所、sohoオフィス専門の不動産会社】株式会社アーデント

Facebookページも宣伝
掲載履歴
  • 8/29 「日経産業新聞」に掲載されました!
  • 3/29発売の雑誌「スカウト」に掲載されました!
  • 3/14発売のTYPEに掲載されました!!!
  • このブログが営業@typeで紹介されました!
プロフィール
渡邊写真

熱い男

名前
渡邊 賢
学歴
専修大学卒
仕事
東京都内40坪以下小規模賃貸オフィス専門の不動産会社「株式会社アーデント」代表取締役
住所
東京都渋谷区渋谷3-15-5-3階
電話
03-5468-6097
27才で独立開業!(不動産会社)
詳細プロフィールはこちら
コメント!トラックバック!大歓迎!
相互リンクも募集中です!コメント欄に書き込んでください!
「独立開業起業希望者を応援します!」
東京都内で、40坪以下の賃貸オフィスをお探しの方は↓ 小規模賃貸オフィス専門 アーデント
recruitbanner




賃貸オフィスの借り方
無料のメールセミナー
全13回にわたりメールにてオフィス探しのノウハウをご紹介。初めて事務所を借りる方向け。
独立開業日記内検索
最近頂いたコメント

独立開業起業を応援!日本を元気にする!情熱社長の日記!