独立開業起業者を応援!各種ノウハウや社長としての体験談、日記等を公開中



2018年04月02日

マネジメントに必要な能力は分析力?!〜数字、データの分析は必須!〜

■今、久しぶりにドラッカーのマネジメントを読んでいまして、
 ハッとさせられたことがありましたので、みなさんにシェアを
 させて頂ければと思います。



■マネジメントの中で、
 マネジメントの仕事が5つ紹介されています。

・目標を設定すること
・組織すること
・チームをつくること
・評価をすること
・教育すること


■これは、以前自分が全く行っていなかったので、
 衝撃を受けた箇所であり、
 今でも忘れない項目なんです。


 ただ、久しぶりに読み返してみると、
 各項目について、必要な能力も記載がされていたんです!!

              <必要な能力>
目標を設定すること    バランス、分析、統合
組織すること       分析、真摯さ
チームをつくること    対人能力、統合、真摯さ
評価をすること      分析


 ※教育については記載がありませんでした。



■こうしてみると、マネジメントに必要な能力は、

 「分析」「統合」「バランス」「真摯さ」「退陣能力」

 の5つなんですね。


 さらに、その中でも、
 分析が目標設定、組織作り、評価で必要となり、
 チーム作り以外のすべてで必要と
 ドラッカーは言っています。



■実際、会社経営では、

 社内の会計数字や、
 将来予測の統計データ、

 営業の各種データ、

 などのあらゆる数字を、

 過去と比較したり、同業他社と比べたりして、


 そこからにいかに、「成果を出す方法」を見つけ出すかが
 マネジメントに求められています。


■管理会計等もそうですが、

 経営をしていく上では、
 数字を用いて、正しく現状を把握していく必要があります。

 経営をしていく上では、
 数字を用いて、もっとも成果が出そうなところに力を入れていく
 必要があります。

 経営をしていく上で絵は、
 数字を用いて、公正に人材の評価をしていく必要があります。

 


 分析の能力を磨いていくことで、
 経営力は上がっていくといっても過言ではありません。

 

 ぜひ、会社の数字と向き合ってみてください!!

 いろいろと気づきがたくさんありますよ!!




<東京都心で、事務所、事務所可マンション、レンタルオフィス等をお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

soho賃貸ならSOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、築浅賃貸事務所を一括検索

貸事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 



   

2018年02月12日

社内の細かいルールを決めると、従業員満足度が上がる?!


■社内のルールを決めると、がんじがらめになって、
 社員の不満につながる印象があるのではないでしょうか。

 実は、逆なんです。

 ここは、経営者と従業員の意識が大きく異なる部分だと思います。



■例えば、

 「タバコはいつでも吸いにいっていいのか?」

 「始業開始5分前の出勤はあり?」

 「お客様との打ち合わせで、食事した場合経費になる?」

 などなど。

 どれも、些細な問題で、
 そこまで決めなければいけないのか?!
 と思うかもしれません。



■しかし、働く方からすると、
 ルールが決まっていないと、自分で判断するしかありません。

 仮にAさんは、
 毎日始業開始3分前に出勤していたとしましょう。

 始業のときには、まだ仕事をする準備が整っておらず、
 始業してから準備をする始末。


 方やBさんは、
 毎日始業開始30分前に出勤して、
 今日何をするか、しっかりと準備をして、 
 始業時間を迎えています。



■それが続くと、
 BさんはAさんに対して、不満を持つようになります。

 そして、それはいつか経営者への不満につながっていきます。

 こういったことは、
 本当に、たくさんあるんです。

 弊社でも、
 タバコを吸う人が、吸わない人に比べて、
 休憩時間が多いと問題になったことがあります。


■こういった些細な問題で、不満を生むのは、
 本当にもったいないことですよね。

 細かすぎると思うくらいでもいいので、
 会社として、ありか、なしか、

 ルールを設定していきましょう!



参考までに弊社の社内ルールを一部
ご紹介させていただきます。

⇒ http://ardent.jp/syanairu-ru.txt






<東京都心で、事務所、事務所可マンション、レンタルオフィス等をお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

soho賃貸ならSOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、築浅賃貸事務所を一括検索

貸事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 



   

2018年02月05日

目標社員数を決めると、日々の行動すべてが変わる?!

会社を大きくしたいのか?
 それとも自分の目の届く範囲で会社のサイズを抑えるのか?

 どちらを選ぶかで、会社の戦略や、とるべき戦術、
 すべてが変わってきます。

 以前オフィスの事例でご紹介しましたが、
 大きくしていくつもりなら、少し大きめのオフィスを借りておいた方が
 得になります。


「上手なオフィス移転のコツは、人員増計画をたてること!」



■すべてに言えると思うのですが、
 社員数100人にしたいのと、社員数は5人で抑えるのでは、
 やるべきことの優先順位もすべて変わると言ってもいいでしょう。


 会社を大きくするには、
 それにみあった、経営できる人材を育てるか、
 外部から引っ張ってくる必要があります。


 業務のマニュアル化も大事になってきます。
 人事評価の仕組みも必要でしょう。



■でも、もし5人でいいなら、
 社長の目が届きますので、
 マニュアルはいらないかもしれません。

 人事評価も社長の一存でもいいと思います。


 優秀な人を外部から取るというよりは、
 社外の人とコラボレーションする方がいいかもしれません。


 それよりは、
 売り上げを上げるための、策に時間を使ったり、
 人脈を広げた方が、収益が安定してきそうです。



■また、会社の規模を考える上では、
 ビジネスの市場規模も重要です。

 その市場は、
 どのくらいお客様がいるのか?

 それによって、
 目指すべき社員数は決まってきてしまいます。


 例えば、
 渋谷駅専門の不動産会社であれば、
 社員数100人は無理でしょう。

 いけても、10人くらいが限度だと思われます。

 ビルの数、マンションの数が決まってますので、
 仕事の数も決まってきてしまい、
 雇えるスタッフ数も多くはありません。


■それと、
 社長がどのくらいのサイズを目指したいかという、 
 思いも大事です。

 社長が描くサイズ以上に、
 会社が成長することはありません。

 
 もし、今、
 将来的な社員数を描けていないのであれば、
 一度考えてみてください。

 きっと、
 そのサイズまで会社を成長していきますよ!!






<東京都心で、事務所、事務所可マンション、レンタルオフィス等をお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

soho賃貸ならSOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、築浅賃貸事務所を一括検索

貸事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 



   

低コスト起業法
低コスト起業法





【小規模賃貸事務所、sohoオフィス専門の不動産会社】株式会社アーデント

Facebookページも宣伝
掲載履歴
  • 8/29 「日経産業新聞」に掲載されました!
  • 3/29発売の雑誌「スカウト」に掲載されました!
  • 3/14発売のTYPEに掲載されました!!!
  • このブログが営業@typeで紹介されました!
プロフィール
渡邊写真

熱い男

名前
渡邊 賢
学歴
専修大学卒
仕事
東京都内40坪以下小規模賃貸オフィス専門の不動産会社「株式会社アーデント」代表取締役
住所
東京都渋谷区渋谷3-15-5-3階
電話
03-5468-6097
27才で独立開業!(不動産会社)
詳細プロフィールはこちら
コメント!トラックバック!大歓迎!
相互リンクも募集中です!コメント欄に書き込んでください!
「独立開業起業希望者を応援します!」
東京都内で、40坪以下の賃貸オフィスをお探しの方は↓ 小規模賃貸オフィス専門 アーデント
recruitbanner




賃貸オフィスの借り方
無料のメールセミナー
全13回にわたりメールにてオフィス探しのノウハウをご紹介。初めて事務所を借りる方向け。
独立開業日記内検索
最近頂いたコメント

独立開業起業を応援!日本を元気にする!情熱社長の日記!